So-net無料ブログ作成

前アタリと合わせのタイミングの極意 [釣り雑感]

 今回は、しばらく釣りに行けそうにないので自分がどうやって釣っていたのか忘れないように前アタリと合わせのタイミングについて書いておく。
 船からのカワハギ釣りやフグ釣りで偶にどうやって釣っているの?と聞かれることがあるが、今では誘い釣りと答えている。以前はどうやって釣っているのかと聞かれても、感覚重視の自己流の釣り方だったので説明に困ることが多かった。
 実際、短時間の会話で説明できるほどパターン的ではなく説明はとても難しいのだ。

 これから私の誘い釣りの一番キモになる部分、核心の部分に触れてみる。
 でもこれは完全自己流な私のスタイルなので参考にはしてもマネしない方が良いです。弱虫ペダルの巻島さんの言うように完全自己流(自分のスタイルを作る)が一番なのである。

 奥義の書へ続く
 ここでまず前アタリとはどんなものか説明しておく。

 私が釣りで前アタリに気が付いたのはかなり昔のバス釣りにはまっていたころの事である。
バス釣りでスピナーベイトというルアーがある事を知っているだろうか?
このルアーの基本はただ巻きなのだが、その時に竿には一定のバイブレーションが伝わってくる。
この時の合わせどころは竿に重みが乗ってからで乗るまでは一定のスピードで巻き続ける。
 海の釣りで似ているのは、タイラバの釣り方がこれに近い。

 この本アタリの前に近寄ってきた、またはチェイスしている様子が穂先に伝わるバイブレーションや巻きの重さに現れるのである。(つまり魚の気配を感じるというべきものが前アタリである)これを感じ取れるか取れないかはスピナーベイトを使う上で結構な釣果の差になって表れてくる。

 何故この事に気づくことが出来たかというとスピナーベイトを早巻きして表層を引いていた時に目視でバスがチェイスするのが見える状況に出くわした経験が何度もあったからである。これはスピナーベイトが障害物に当たりひらを打つ状況とよく似ている。
 
 つまり私が言っている前アタリとは魚が餌に食いつく前の気配のようなものを指しているのである。

 これはバスだけではなく合わせどころは違うがフグやカワハギや太刀魚などにもこのような変化が出る。(私は出ていると思う)

 もしバス釣りでスピナーベイトの前アタリを感じた事が無ければ当然のことながらカワハギやフグでも前アタリは判らないと思う。カワハギやフグの前アタリはこれより遥かにわかりにくいのである。

 カワハギ釣りで、仕掛けを落とす途中や誘いの最中に気配(アタリではない)を感じて魚がいると感じる事があると思う。(これ感じない人がいるのかな?私は100パーセントではないが感じる時があるので皆が感じている前提で話すけど)

 ただアタリに関してはこれといったパターンは無い。動きの中で五感(集中力が高まってゾーンに入った時には第6感もあるかも)で感じ取っている。目感度もあれば手感度もありすべての情報を駆使して感じ取っている。

 そして本アタリを捉えた後の合わせは頭で考えて合わせてはいない。無意識に近い感覚で合わせているという表現が正しい。体が先に反応し頭では後から理解しているような。
つまり直感で体が反応するというような感じ。武道の静から動へと言うべきか。(私は武道(柔道)しか経験がないのでそれの例えしかできないのであしからず)
 このくらいの反応で合わせを入れなければ餌を取られてしまうくらいカワハギの針を吐き出すスピードは速いのである。

 合わせのベストなタイミングに関しては理論では説明しきれないところにキモがあると思う。 つまりずば抜けた釣果を出すための完ぺきな合わせのタイミングの秘訣は、私の場合は柔道で培った1本を取るための技に入るタイミングみたいなものなのである。(これはある程度のレベル以上で武道をやっていないとわからないかもしれない。) 

 上手く説明できるかどうかわからないが、動きの中で一瞬のタイミングを掴む事で投げ技で一本が取れる感覚。わかる人にはわかると思うが決まると気持ち良いあの感覚である。(組手と体捌きの駆け引きみたいな。但し柔道やっていても投げ技で綺麗な1本が取れない人も実は多いので柔道やっていれば判るというものでもないのだが…。)
 動きを止めてしまっては相手に技に入るのがわかってしまうので、動き(流れ)の中で無意識に変幻自在にタイミングを見つけ技をだすのだ。すると次の瞬間には相手は宙を舞う。柔道での技には表(払い腰や内股)があれば裏(小外刈り)もあり、カウンター的な足技で燕返しという技もある。これらで1本を取るには崩しやフェイント等の体捌きが必要不可欠なのだ。
 頭で考えるのは事前のイメージトレーニングの時だけ。実際の釣行時は状況に合わせた体の反応に任せている。もちろん物凄い集中力を要するので体調とかで上手くいかない事もあるのだが。
 イメージトレーニングに関しては柔道選手時代にかなりやっている。つまり頭の中で乱取りを行うのである。この相手との駆け引きは柔道のほうが遥かに難しく釣りのほうが簡単なのだ。これは体の動かし方が柔道より釣りのほうが腕だけなのでシンプルと言う意味。私には掌で柔道着を掴んでいるか竿を掴んでいるかの違いでしかないのである。
 例えば柔道の本の場合、技の解説は基本的な体の使い方(技に入るための体の動かし方で体捌きと言うもの)が書かれている。まずは練習を重ねて崩しと技の入り方を体に覚え込ませる。次に実戦的な連絡技に移行していく。連絡技については表の技に入ると見せかけて裏の技に入るとか又はその逆が書かれている。でも実際に試合でその連絡技を使う場合、相手によって柔軟に技や体捌きを変化させなければそうそう簡単に一本取る技は決まらないのである。なぜならば技に入ろうとする相手がフェイントに反応するスピードは相手によって全く違うからである。これを判断するのが柔道着を掴んでいる手のひらから伝わる相手の情報なのだ。
 それと同じでカワハギ釣りも1匹1匹が同じはずはなく同じに見えて(感じて)も微妙に違うのである。突然釣れなくなるのは毎回微妙な変化があるのに気が付かずワンパターンで釣りをして対応が遅れてしまうからなのだろうと私は考えている。
 これをカワハギ釣りに置き換えると、止めたら餌をやられる状況の中で動きの中で合わせのタイミングを作り出す。むろん止めたほうが良ければ止めを入れる等、変幻自在な誘いを使うのだ。そしてここぞというタイミングで合わせを入れる。

 このここぞの合わせのタイミングは私の場合柔道の経験からきているものなので、意識せず自然に体が反応する。パターンや方程式のようなものはないのである。つまり相手に合わせているのでパターン化できないのだ。
 しかも、合わせには瞬間的な反応が要求されるので誰もが出来るものではないのだと思う。

 これが、私が実践している誘い釣りの合わせのタイミングに近い感覚なのである。

 さらにタイミングだけではなくスピードも状況に合わせて変化させる必要があるのが誘い釣りが難しいと言われる原因かもしれない。

 結論を言うと私の場合同じことをパターン化してやっているわけではないのでパターン的な説明のしようがないのである。
 無理矢理に説明するとすれば、有名な方々の解説やDVDに出ている方法になるのだろう。
無理矢理に説明と書いたのは釣り方(個々の技)については書かれているのだが肝心な流れ(連続技への繋げ方)の重要性についてはあまり書かれていない事が多いから。
 まあこれは格闘技の解説本でも同じなんだけど。
実は書いてあるけどわかりにくい(理解しにくい)というのが正しいのかも。

 人間のやる事なので当然上手くはまる時もあれば、外す時間を作る時もある。でも最近は比較的修正は早くなってきたような気もする。

 文章で説明するとこんな感じなのだが、本人的にはアタリに対して電撃的な反応で合わせているだけといたってシンプルな発想で釣っているのである。決して難しいものではない誰でも出来るのでは?と思っている。

 このように釣りと関係なさそうな格闘技が釣りと関連しているって面白いでしょ。
(私はフグやカワハギとのこの駆け引き(魚との試合)がたまらなく楽しいのである。)集中力を限界まで上げて魚と戦っているのであって人と競っていないという点ががメンタル面でのキモかな。

 ちなみにこれまで書いてきた事は出来る限り弛ませることなくすべてのアタリを把握し平均以上の釣果をあげるための技です。つまり私はファーストコンタクトから掛けに行く事を目指してやっているのである。ここでの究極奥義は食わせの間を取らないで掛けに行く事かな。つまり動かし続けている間に本アタリを捉え電撃聞き合わせを行うのである。これにより止めなければ食わせられないつまり3つある餌の内2つ喰われて1匹釣りあげる人の3倍のチャンスを掴むことができる。こういう感覚(パターン化しない)で釣りをすることで安定した釣果が得られるのだ。もちろん私も人間なので完ぺきではなく時々外すこともあるが、この釣法にしてからの船での上位率は飛躍的にアップしたのは間違いない。

 これが出来ているかの判断方法はカワハギが釣れた時や仕掛けを回収した時に自分の把握できていないツルテンの度合いで判断できるのだ。
 この究極奥義では弛ませたり止めたりはカワハギの勝ちと等しく、動きの中での仕掛けのスピードコントロールと合わせのタイミングのみで相手を支配する所に極意があるのだ。

 また柔道の投げ技もそうですが釣りの合わせに関しても物理の知識が役に立つことは間違いないです。

 もし平均釣果で満足する(これから平均釣果を目指す)のであれば、実はもっと簡単で結構魚と竿任せで向こう合わせ的な釣り方だけでもある程度は釣れるのである。吸い込みの良い小針を使った弛ませ釣りは吸い込ませる事でアタリが長めに出るため初心者でも釣りやすいし飲み込む状況なら向こう合わせで掛かる。
 要は弛ませ釣りで釣れば良いのである。弛ませでも吸い込ませてしまえばアタリは出るのでこちらの方が遥かに簡単なのである。しかも飲み込んでしまう状況ならほとんど向こう合わせで掛かるのだ。ただこの場合はエサを取られる確率は誘い釣りよりも当然高くなり結果エサの消費量も増えるのは覚悟しなければならない。

 知識を増やしても簡単に数が釣れないのはなぜか?
それは数を釣るには小型も多く釣らなくてはならない。
この小型ほど針が口に入ったアタリが小さく釣りにくいのは今や常識。

 数釣りの極意は考えるのではなく、感じるところにあるのだ。

 もしこの誘い釣りを試してみて釣果が上がったという方がいたらコメント入れてくれると嬉しいです。

 それでは

 


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。