So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

築地市場へ [食べ物]

 2018年1月13日(土曜日)
 久しぶりに土曜日休みがとれたので、今年秋に豊洲へ移転すると話題になっている築地市場へ行ってきました。
 実は築地市場へ行くのはは今回が初めて。
私はほとんど予備知識なしで妻はYouTubeで少し動画を見た程度。

 日比谷線の築地駅で降りて徒歩で築地市場を目指します。
1番出口をでるとすぐに築地本願寺があります。このお寺は一見外国のモスクのように見える不思議な外観です。
DSC_1972_023.JPG

 そこから少し進むと築地場外市場に到着。移転するのは場内だけで場外は残るみたいな看板が見えました。場外市場に入ると人人人と年末のアメ横を思わせるような人込みで活気があります。
DSC_1936_011.JPG

 外国人観光客も非常に多く中国語や韓国語や英語があちらこちらで飛び交っておりここはいったい何処なの??という日本ではないような錯覚に陥りましたよ。(笑い)
 クジラ料理を出している店の前では、外国人がオーマイガー!(オーマイゴッド)とつぶやく一幕もありました。
 やはり外国人にとって日本の食文化でもクジラ肉は抵抗があるようですね。
とてもおいしいのに

 また道路には魚などを積む動力付き荷台がクラクションを鳴らして行き交いなかなか面白い雰囲気を味わうことが出来ました。

 場外の案内所で場外市場の地図と説明を聞いて軽く一回りした後、この日はとても寒かったので(築地でも氷点下を記録)築地魚河岸の建物の中にある小田保(おだやす)さんで遅い朝食をとりました。
 妻はカキフライ定食で私は築地で働く人が良く食べると噂のチャーシューエッグ定食と瓶ビールを注文して食事休憩をとることに。
カキフライ定食(私も1個もらって食べましたが一口では食べきれないほどカキ粒がでかいです)
DSC_1938_012.JPG
チャーシューエッグ定食(チャーシューが分厚くボリューム満点で目玉焼きは卵2個で焼き加減は黄身がトロトロでGood)
DSC_1939_018.JPG
場内にあるこの店の場外店で食べました。何故か暖簾はトンカツですがほとんどの人はカキやアジフライを注文してました。
DSC_1956_020.JPG

 ここ築地魚河岸3Fで1Fで購入した北海道厚岸産生ガキと三重県鳥羽市桃取産の生ガキを食べ比べ。同じように見える生ガキでも産地が違うと微妙に味が違う事を初めて知りました。
ここで生ガキを購入(ここのカキは粒が非常にでかかったです)
DSC_1940_019.JPG
 また築地場外を歩いていると毎年マグロの初セリのニュースで聞くすしざんまいの店舗があちらこちらにありました。本店のほかにも4店舗ぐらいはあるようでした。
 また私の使っている和包丁(出刃2本と柳刃1本)の正本の店舗もありましたね。

 朝食後、今度は移転が決まった築地場内市場へ潜入(見学)することに。
場内は場外よりもさらに動力付き荷車が頻繁に行き交い油断禁物です。場内はすでに後片付け作業を始めている業者さんが多く魚の粗や貝殻などを籠に投げ入れていたり水を撒いていたり油断できません。仕事の邪魔にならないように注意深く見て回りました。場内でもマグロのブツなどが販売されており、もう終わりだから安くするから持っていきなと声をかけられることも。でも今回は持ち帰り用のクーラーボックスを持ってきていないので購入は断念しました。欲しかったけど残念無念。

 途中マグロの頭からかしらとほほ肉をとっているおじさんの作業を見ていたら色々と説明をしてくれたりととても勉強にもなる一幕もありとても楽しい築地市場見学でした。
 この市場が移転してなくなってしまうのはちょっと残念な気分にもなりましたね。

 でも移転する前に一度は足を運んでおこうという夫婦2人の夢は無事叶いました。

 場内の海鮮関係の食べ物屋はとても混雑していましたね。私が到着した時にはすでに本日は並んでいる人で終了と看板が立っているところも。もし狙っている海鮮系の店があるなら真っ先に行くべきですね。

 その後お昼ご飯は寒いので暖かいものをということで有名な築地えび金の海老そばを食べることに。
海老そばはとにかく海老尽くしで麺にもエビが練りこまれておりスープ1杯には甘えび約50匹分が使われているらしいです。
北海道味噌海老そば
DSC_1969_021.JPG
濃厚白湯海老そば
DSC_1970_022.JPG
 ここのもう一つの売りは麺を食べ終えたスープで無料で雑炊を作ってくれるサービスがある事。私はトッピングのつもりで海老そばの具であったサクラエビをあえて残して雑炊をお願いしたところ、なんとスープは綺麗に濾してから作ってくれるようでサクラエビは綺麗に無くなっていたのでした。(笑い)
 これを読んだ皆さんは出来るだけ綺麗に残さず具を食べきってから雑炊を作ってもらうことをお勧めいたします。
これを食べておなか一杯になり築地探索は終了となりました。
 めでたしめでたし

 それでは


 


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年元旦 [日記]

 2018年1月1日 月曜日 晴れ
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
とうとう2017年は一度も釣りに行かずに終わってしまいました。(笑い)ばね指はだいぶ回復したがまだ完全ではないので2018年は果たして釣りに行けるかどうかは謎である。

 昨年末12月31日は雪がぱらついた寒い一日でした。すぐに止んだけど。
三郷のコストコとららぽーとで2017年最後の買い出しをした際にフードコートで食事をしたのだがその時に特典でラウンドワン内のゲームセンターのUFOキャッチャーの無料チャレンジ券を2枚もらった。
 UFOキャッチャーは比較的得意なほうなので、食事終了後早速ゲーセンへ向かう。
UFOキャッチャーの台はたくさんあるのだがどれでもよいわけではなく、小さなキティちゃんのぬいぐるみの入ったものが無料チャレンジの対象だった。
 係りの人にUFOキャッチャー2回分のチャージをしてもらい1回目でキティちゃんを回収口へ落とすことに成功。係りの人に祝福の鐘を鳴らしてもらいまた新しいキティちゃんをセットしてもらう。2回目のチャレンジでも無事回収口に落とせた。

 これに気をよくした私、折角なので少し大物のUFOキャッチャーにもチャレンジすることに。
一通り何を狙うか商品を見て回った。この日はすべての台が1回100円。
 1回目はスヌーピーの大きなぬいぐるみにチャレンジした。キャッチするアームのパワーが解らなかったのでとりあえずぬいぐるみを挟んで持ち上がるか試してみた。すると全くパワーがないようで全然持ち上がらない。これは掴んで持ち上げるよりアームで押して落とすほうが効率が良さそうだということがこの1回で理解できた。
 次の2回目はちょっと浮気してテッドというクマのぬいぐるみ。これはアームで押してみたのだが持ち上げるより押したほうが力が伝わることはこれで確認できた。でもぬいぐるみの置き方が1回で落とせる感じではないので1回失敗でチャレンジ終了。ここまで200円使用したが無料チャレンジでキティちゃんぬいぐるみを2個取っているので2回の失敗はこれでチャラである。
 3回目のチャレンジは最初に目を付けたスヌーピーのぬいぐるみに再チャレンジすることにした。
ただし5台くらいある中で自分でこれならいけると判断したもの。この時点で一緒にいた妻は取れないと思っていたらしい。私は90パーセント以上これは1発で落とせると判断し絶妙なコントロールでアームを操作。そしてアーム先端は狙っていたスイートスポットを直撃し無事に特大スヌーピーのぬいぐるみを落とすことに成功しました。

 これがその戦利品です。
 DSC_0265_010.JPG

 大きいでしょ。

 それでは
 




nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年クリスマスマーケット 日比谷公園 [クリスマスマーケット]

 2017年12月16日土曜日
 私の仕事が終わってから妻と日比谷公園でやっていたクリスマスマーケットにやってきました。
イルミネーションが綺麗だろうとNikon DfにAF20㎜F2.8レンズを付けて撮影する気満々で会場入りしました。

 その日撮影した何枚かの写真は前記事で紹介しました。

この時クリスマスマーケットということでステージもクリスマスソング主体と思っていたら、オクトーバーフェスト2017日比谷で演奏していたアントンが演奏スケジュール表にあることを現地で発見。(Anton & the Jingle Bells)
 演奏の最後に気づいてちょこっとだけ参加しました。相変わらず楽しいステージでした。

 そして翌日17日日曜日は、Anton & the Jingle Bellsのステージを楽しむために、日比谷公園へ再度足を運びました。ステージを楽しみすぎて写真や動画はほとんどなし。

 そして翌週23日土曜日、24日日曜日も連続でAnton & the Jingle Bellsのステージを楽しみました。
Samba De JaneiroやYMCA(日本では西城秀樹が曲名ヤングマンでカバー)やDschinghis Khan(ジンギスカン)はオクトーバーフェストでも演奏しておりましたが盛り上がりますね。

 ↓ Samba De Janeiroで盛り上がっている動画です。


日本でもよく知られているSamba De Janeiro(サンバ デ ジャネイロ)ですが私はてっきりブラジルで作られた曲かと思っていたらドイツのバンドが作った曲との事。
 またジンギスカンもドイツで作られたと知って驚きました。

 また次にAntonの演奏で盛り上がれるのは来年2018年のオクトーバーフェストかな。

 それでは





nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日比谷公園クリスマスマーケットと六本木 [写真]

 2017年12月16日土曜日
日比谷公園で行われているクリスマスマーケットと六本木へぶらり写真撮影に行ってきました。

クリスマスマーケット
DSC_1866_002.JPG

DSC_1890_003.JPG

六本木ヒルズ周辺
DSC_1900_004.JPG

DSC_1901_001.JPG

DSC_1904_005.JPG

DSC_1911_006.JPG

DSC_1914_007.JPG

DSC_1917_008.JPG

DSC_1919_009.JPG

 カメラ Nikon Df
 レンズ Nikon AF NIKKOR 20mm 1:2.8D
 Pモード(プログラムオート)にて手持ち撮影

 何も考えずにカメラ任せ&手持ちでこれだけとれるんだから今の技術は凄いですね。

 それでは
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年横浜オクトーバーフェストパー3 [オクトーバーフェスト]

  2017年10月15日 日曜日 天気は雨

 横浜オクトーバーフェストの最終日である2017年10月15日の天気は先週とはガラリと変わり結構本降りの冷たい雨である。あまりの寒さに今日はビールより熱燗ていう天気だねと妻と話したくらい。
 
 冷たい雨のせいで朝からテンションはダダ下がりで横浜赤レンガ倉庫に行くのを止めようかどうしようか迷ったくらいである。
何せ昨日の土曜日のほうがまだ雨は小降りでマシなくらいの天気。でも昨日は早出ではなく通常出勤だった為、横浜まで行くにはちょっと遅かったので土曜日は断念してからの最終日。

 まあ最終日という事もあり意を決して横浜会場へ向かう事にした。

 電車で移動中も雨が止む事を祈っていたが馬車道駅に到着するも雨は本降りのままだった。私の晴れ男パワーは先週末に既に使い果たしてしまっていたようである。

 会場に着くと雨だから人も少なめなのではという期待とは裏腹にテント内はごった返していた。
これは席を確保するのは難しいのではと弱気にもなったが、運よく舞台からは左方向だったがほぼ最前列の6人くらいがこれからステージが始まるというのに帰るというので入れ替わりで席を確保する事ができた。

 そして座って間もなくWoho&Kalender Band のステージが始まった。
P1020434_047.JPG

 オクトーバーフェストで欠かせないEin Prosit アイン プローズィト(乾杯の歌)
動画を撮影してきたので良ければ雰囲気を味わってみてください。


 この歌が始まるとグラスやジョッキを高く掲げて左右に揺らしながら皆で歌います。
歌詞はドイツ語ですが繰り返しも多く簡単なので是非覚えての参加をお勧めいたします。
歌詞はオクトーバーフェスト公式HPにあります。
歌の最後に1 2 3 飲み干せ 乾杯と言う感じで終わります。
 そして周りにいる人たち(初めて会った人とも)乾杯して歌は終わります。

 本場ミュンヘンのオクトーバーフェストと同様に会場全体が一つになって盛り上がりとても楽しいステージを満喫できたのだった。

 最初は翌日が仕事という事もあり前回同様2ステージで引き揚げようかと考えていたが、オクトーバーフェスト全日程の最終日なので3ステージ(最終ステージ)も満喫して2017年のオクフェス参戦を終えたのであった。

 下の写真は入場料300円を払った印として手首に付けるリストバンドです。
P1020446_054.JPG
 横浜会場は300円の入場料が掛かります。

 というわけで、2017年色々な会場でお知り合いになった方々また来年2018年のオクトーバーフェスト会場で是非またお会いしましょう。

 それでは

 
 

 



nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年横浜オクトーバーフェストパート2 [オクトーバーフェスト]

 2017年10月8日(日曜日)第7弾
 昨日参加した横浜オクトーバーフェストですが、第1会場しか見れなかった。(今年から第2会場が出来ていてステージもあるとの事。)
 そこで昨日の今日ですが翌10月8日に再び横浜オクトーバーフェストに参戦してきました。
P1020428_041.JPG
 今回は第2会場のステージが間もなく始まる時間帯に着いたので、ビールを買って第2会場ステージ前で演奏を待ちました。
P1020432_045.JPG
 天気も良く3連休中日という事もあり、会場内はどこも座れるところがありません。しかも暑いです。特に第1会場は参加者の熱気でムンムンするほど。

 とりあえず第2会場のステージ前で立ったままビールを飲みながら演奏を待ちます。
 しばらくするとWoho&Kalender Bandのバンドメンバーが演奏しながらステージにやってきました。
そこで15分ほど演奏して第2会場のステージは終了。
 第1会場と違い第2会場が残念だったのはマイクやスピーカーなどの音響設備が無かった点。
折角の演奏が近くにいる人しか聞こえなかったんじゃないかな?私達は最前列にいたので問題なく聞き取れました。

 第2会場では昨日もお会いした奈良から参加のM氏にも遭遇し、まずは乾杯して話をしながらプチ盛り上がり。M氏が今日は混んでいるのでもし席が取れなければ私のいるテーブルに合流してくださいとありがたい申し出がありました。

 第2会場も座れなかったが演奏を満喫できたので、メインの第1会場に戻って席を探す事に。
私達夫婦は今回もラッキーな事に丁度帰られる2人組がおり、入れ替わりでかなり良い席を確保できました。
 第2会場に続き第1会場で2ステージを楽しみました。
そして翌日の仕事に備えM氏に挨拶した後、最終ステージを残して帰途に着きました。

 今回もとても楽しかったです。

 それではまた

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年横浜オクトーバーフェストパート1 [オクトーバーフェスト]

 2017年10月7日(土曜日)第6弾
 今年のオクトーバーフェストもいよいよ終盤。残すところあと1週間である。
2017年最後はやはり横浜会場という事で妻と2人で行ってきました

 午前中の仕事をしている時間は雨模様でしたが、仕事も終わり横浜オクトーバーフェスト会場に向かう頃にはすっかり天気も回復していた。
 今回も晴れ男パワーを発揮できたようである。

 電車で2時間くらいかけて会場入りした。着いたのは17時30分くらい。意外とお台場行くのと変わらない感覚で来れた。

 とりあえずステージ近くの席を確保するべくうろうろと第一会場内をさまよう。たまたま2人は入れるスペースをベストではないがまあまあな位置で見つけることができ入れてもらう事に。

 そして今年行った他の会場では売っていなかったお目当てのヴァイスビアーを買いに行く。銘柄はフランツィスカーナというビールだ。このビールは私達夫婦のお気に入りの一つなのである。

 そして大宮会場でお会いした奈良から来ると言っていたM氏がいるかあたりを見回してみた。
すると本当に奈良からやって来ていたのだ。(凄いパワーの持ち主である。)
 しかも今回もしっかりバイエルン民族衣装で身を固めてフル装備で参戦していた。
 再開を祝してまずは乾杯して前回大宮から奈良までどうやって帰ったのか聞いてみた。すると夜行バスを使ったとの事。結構道中ハードだったらしい。( ´∀` )
 今回は3連休を利用して来たとの事。流石に最終週は来れないと言っていたので今度お会いできるのはまた来年になる可能性も高い。

 そんなこんなで色々な話をして盛り上がった。
再会が楽しみである。

 因みにバンドは2017年オクトーバーフェスト大宮会場でも前半の1週間担当していたWoho&Kalender Bandで演奏もとても楽しかったことは言うまでもない。ただ仕事が終わった後の参加でしたので最終1ステージしか楽しめなかったのが残念。

 それではまた

 

 
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年オクトーバーフェストお台場 [オクトーバーフェスト]

 2017年9月30日土曜日(2017年第4弾)
オクトーバーフェストお台場に仕事が終わった後妻と参加してきました。
お台場は初めて行く会場。HP情報では駅から5分との事でしたので駅に着けば何か案内が出ているのではと思っていたが甘かった。
 そもそもお台場自体初めての上、東京テレポート駅利用も今回初めてだった。
とりあえずHPの簡易地図の方向へ歩き始める。

 途中グーグルマップに切り替えてGPS機能で目的地を表示させながら移動し無事到着しました。
会場は実物大ガンダムのすぐ横でした。

 今回のお台場会場はアルペンパワーというバンドで到着時は丁度演奏の合間で最前列の席が空いていたので迷わず席を確保。バンドの演奏が始まると会場はかなりの盛り上がりでした。

 2ステージ楽しんで帰宅。

 翌日、日曜日我が家のスマホの2年契約が終了したので大手キャリアを継続するか乗り換えるかの2か月の更新月に入ったので大宮の大手量販店で情報収集。我が家のスマホはSIMロック解除済みだったのでBICSIMに乗り換えしました。これによりキャリアメールは使えなくなったがPCメールが使えるので問題ない。
 その手続き途中で待ち時間が出来たので大宮のオクトーバーフェスト会場へ。
 2017年10月1日日曜日(オクトーバーフェスト第5弾)
今年初の2日連続参加です。
そしてそこで先週出会った方に偶然再会し盛り上がり結局ラストまで。
大宮会場はその日が最終日でしたので、大宮会場でのお楽しみはまた来年までおあずけです。

 それでは 


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年オクトーバーフェスト [オクトーバーフェスト]

 2017年9月
 去年に痛めた右手の指関節がだいぶ良くなったものの未だに完治せず。そのため今年は初釣りも未だ行けていない。
 でも釣りに行けない代わりといてはなんですが今年2017年は久しぶりにオクトーバーフェストに参加してきました。

 因みにオクトーバーフェストについて
オクトーバーフェストとはドイツミュンヘンで行われる世界最大規模のビール祭りの事。
20年くらい前だが本場ミュンヘンのオクトーバーフェストの経験のある私。好きなビールは各社のバイスビアーである。本場は規模も大きいが移動遊園地もやってくる。
 流石に日本では移動遊園地こそ無いがこのオクトーバーフェストが日本でも各地で開催されておりドイツの樽生ビールが堪能できるのだ。(調べたところ小規模開催の会場によっては瓶ビールで提供するところもあるようだが私が参加している会場では樽生で提供されている。)

 以下は私のオクトーバーフェスト2017参加履歴です。

 第一弾(オクトーバーフェストTokyo in 日比谷)
 9月2日土曜日
 私の仕事が終わった後、妻とオクトーバーフェストTokyoに参加する為、日比谷公園に向かう。
運よく比較的ステージの近くの席を確保できAnton and the fanny Guysのノリの良い生演奏で盛り上がりながらドイツビールを堪能できた。
P1020392_020.JPG

 第二弾(オクトーバーフェストTokyo in 日比谷)
 9月9日土曜日
 私の仕事が終わった後、妻とまたしても日比谷公園に。
また運よく先週と同じ席が確保できAnton and the fanny Guysの生演奏で再び大盛り上がりでドイツビールを堪能した。
P1020401_028.JPG

 第三弾(埼玉オクトーバーフェスト in 大宮)
 9月23日土曜日
 私の仕事が終わった後、埼玉オクトーバーフェストに参加する為妻と大宮へ向かう。
なんと今回はステージの最前列の席を確保できWoho&Kalender Bandの生演奏で大盛り上がりながらドイツビールを堪能。
P1020413_035.JPG
P1020419_036.JPG
 このバンドは以前横浜オクトーバーフェストに参加した際にも生演奏していたので初めてではなかったが、今回ついにバンドメンバーと一緒に写真を取ったりすることができて良い思い出になった。
 また常連さん(バンドの追っかけ?)とも知り合う機会があり。バイエルン地方の民族衣装を身に着けた一人の男性は奈良からの参加との事。これから奈良に戻るとの事でした。

 今年はさらに参加する予定です。
それではまた

 


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドラクエ11エンディング [ゲーム]

 2017年8月14日
ドラクエ11のラスボスを倒してエンディングを見ることが出来ました。
レベルは勇者が53でその他のキャラも50前後でした。

 まだ続きがあるようです。
さらに冒険は続きます。

 それでは
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -